このコンテンツを視聴するには、JavaScript が有効になっていることと、最新バージョンの Adobe Flash Player を利用していることが必要です。今すぐ無償 Flash Player をダウンロード!

SPECIAL

「モノクローム」レコーディング後 戸松遥インタビュー

収録後の感想をお聞かせください

壮大な曲でした!
テレビverとフルverはパターンが違って、テレビverは特に壮大な感じがしました。
キャラソンでも歌ったことのない曲調だったので難しかったですが、自分がうまく乗っかっていければいいなとドキドキしながら、歌わせていただきました。

今回の歌で、お気に入りの部分を教えて下さい。

勢いのあるAメロ・Bメロが気にいっています。サビ前のテンションがあがってくる部分です。テンションがあがってくるまでの過程が好きなんです。

今回の曲を聞いてどんなイメージを持たれましたか。

きれいな言葉が並べられている歌詞だなと感じました。歌のメロディもすごく品がある。巫女のイメージにもぴったりだと思います。
この曲を聞いた時に「青色」がイメージで浮かんできました。実際にサカナちゃんを見ると髪の毛の色が青で「すごい!イメージにぴったり!」と思ったんです。
サカナちゃん自身のイメージにも合っている曲だと思います。

ドラマ中でサカナちゃんは巫女として歌を歌いますが、意識した部分はありますか?

巫女として歌うので、普通の歌にはしたくないと思いました。
サカナちゃんの巫女としてのイメージの表現を、この歌で出来る限りしたい。
キャラとして歌うのが難しい曲だったし、キャラどころか自分として歌うのも手探り状態で難しい曲だったのですが、表現できることは無限大にあると私は思っています。

私の中で巫女さんって神秘的で、人間だけれども神々しいイメージ。
触れてはいけないんじゃないか。神々しくて、でも最後の一歩を踏み入れちゃいけない、近づきすぎちゃいけない。そんな一線を画した感じを表現できる歌にしたいと思い、神々しさや凛々しさを特に意識して歌いました。

ファンの皆様へメッセージをお願いします。

この歌はすごい歌です。
今まで私はアカペラで歌ったことがないので、それがテレビで流れると思うと緊張します。
曲はすごく神々しくて、素敵な曲。是非たくさんの人に聞いていただきたいと思っています。第一話からながれますので、みなさん是非聴いてください!よろしくお願いいたします。